私流のシーザーサラダ

私流のシーザーサラダ

近くのスーパーのチラシを見ると、レタスが特売で安くなっていました。早速買い物に出かけ、私がカゴに入れたのは1玉98円の丸いレタス…ではなく、白菜のような形をしたロメインレタス。

最初は1玉98円のレタスを買うつもりだったんですよ。それも1玉だけじゃなく、3玉ほど。レタスばかり3玉も買ってどうするんだと言われそうですが、もちろんどうするもこうするも、食べる以外にどうしようもありませんよ。

買ったその日のうちは、サラダや和え物などにして生のまま。ちょっと鮮度が落ちてきたら、炒めものにするのが私流。レタスは火を通すと泣きたくなるくらいカサが減るので、レタス1玉使った炒めものもあっという間に食べ切ってしまえます。

ロメインレタスは、特に安くなっていたわけじありません。そこで思い出したのは、安売りされていた食パンで昨日クルトンを多めに作ったこと。自家製クルトンとロメインレタスを合わせて、シーザーサラダを作ることにしたんです。

せっかく特売されているんだから、普通のレタスとクルトンを合わせてサラダ風に食べればいいじゃないと言われるでしょうか。でも、ロメインレタスを食べたい気分だったんです。

今ではシーザーサラダドレッシングという便利なものも市販されていますが、私は手作り派。シーザーサラダに使うホワイトドレッシングは、簡単に作れるんですよ♪

ホワイトドレッシングの作り方は、マヨネーズ・生クリーム・レモン汁・オリーブオイル・ニンニクのすりおろし・塩少々を混ぜるだけ。生クリームは牛乳に、レモン汁はバルサミコ酢でも代用できます。それぞれの分量は、好みで調節してみてくださいね。

あとはロメインレタスをちぎってホワイトドレッシングをかけ、すりおろしたチーズとクルトンをトッピング。私は自家製クルトンをたっぷり使いましたが、もちろん市販されているクルトンでもOKです。最後に黒こしょうで味を整えれば、シーザーサラダの完成です(^^)

シーザーサラダの作り方にもいろいろあるようなので、これがシーザーサラダと呼んでいいのかわかりません。でも私はシーザーサラダと呼ばせてもらっています(笑)時間に余裕があるときは、カリカリになるまで炒めたベーコンや半熟卵などもトッピングして楽しみます(^^)近くのスーパーのチラシを見ると、レタスが特売で安くなっていました。早速買い物に出かけ、私がカゴに入れたのは1玉98円の丸いレタス…ではなく、白菜のような形をしたロメインレタス。

最初は1玉98円のレタスを買うつもりだったんですよ。それも1玉だけじゃなく、3玉ほど。レタスばかり3玉も買ってどうするんだと言われそうですが、もちろんどうするもこうするも、食べる以外にどうしようもありませんよ。

買ったその日のうちは、サラダや和え物などにして生のまま。ちょっと鮮度が落ちてきたら、炒めものにするのが私流。レタスは火を通すと泣きたくなるくらいカサが減るので、レタス1玉使った炒めものもあっという間に食べ切ってしまえます。

ロメインレタスは、特に安くなっていたわけじありません。そこで思い出したのは、安売りされていた食パンで昨日クルトンを多めに作ったこと。自家製クルトンとロメインレタスを合わせて、シーザーサラダを作ることにしたんです。

せっかく特売されているんだから、普通のレタスとクルトンを合わせてサラダ風に食べればいいじゃないと言われるでしょうか。でも、ロメインレタスを食べたい気分だったんです。

今ではシーザーサラダドレッシングという便利なものも市販されていますが、私は手作り派。シーザーサラダに使うホワイトドレッシングは、簡単に作れるんですよ♪

ホワイトドレッシングの作り方は、マヨネーズ・生クリーム・レモン汁・オリーブオイル・ニンニクのすりおろし・塩少々を混ぜるだけ。生クリームは牛乳に、レモン汁はバルサミコ酢でも代用できます。それぞれの分量は、好みで調節してみてくださいね。

あとはロメインレタスをちぎってホワイトドレッシングをかけ、すりおろしたチーズとクルトンをトッピング。私は自家製クルトンをたっぷり使いましたが、もちろん市販されているクルトンでもOKです。最後に黒こしょうで味を整えれば、シーザーサラダの完成です(^^)

シーザーサラダの作り方にもいろいろあるようなので、これがシーザーサラダと呼んでいいのかわかりません。でも私はシーザーサラダと呼ばせてもらっています(笑)時間に余裕があるときは、カリカリになるまで炒めたベーコンや半熟卵などもトッピングして楽しみます(^^)近くのスーパーのチラシを見ると、レタスが特売で安くなっていました。早速買い物に出かけ、私がカゴに入れたのは1玉98円の丸いレタス…ではなく、白菜のような形をしたロメインレタス。

最初は1玉98円のレタスを買うつもりだったんですよ。それも1玉だけじゃなく、3玉ほど。レタスばかり3玉も買ってどうするんだと言われそうですが、もちろんどうするもこうするも、食べる以外にどうしようもありませんよ。

買ったその日のうちは、サラダや和え物などにして生のまま。ちょっと鮮度が落ちてきたら、炒めものにするのが私流。レタスは火を通すと泣きたくなるくらいカサが減るので、レタス1玉使った炒めものもあっという間に食べ切ってしまえます。

ロメインレタスは、特に安くなっていたわけじありません。そこで思い出したのは、安売りされていた食パンで昨日クルトンを多めに作ったこと。自家製クルトンとロメインレタスを合わせて、シーザーサラダを作ることにしたんです。

せっかく特売されているんだから、普通のレタスとクルトンを合わせてサラダ風に食べればいいじゃないと言われるでしょうか。でも、ロメインレタスを食べたい気分だったんです。

今ではシーザーサラダドレッシングという便利なものも市販されていますが、私は手作り派。シーザーサラダに使うホワイトドレッシングは、簡単に作れるんですよ♪

ホワイトドレッシングの作り方は、マヨネーズ・生クリーム・レモン汁・オリーブオイル・ニンニクのすりおろし・塩少々を混ぜるだけ。生クリームは牛乳に、レモン汁はバルサミコ酢でも代用できます。それぞれの分量は、好みで調節してみてくださいね。

あとはロメインレタスをちぎってホワイトドレッシングをかけ、すりおろしたチーズとクルトンをトッピング。私は自家製クルトンをたっぷり使いましたが、もちろん市販されているクルトンでもOKです。最後に黒こしょうで味を整えれば、シーザーサラダの完成です(^^)

シーザーサラダの作り方にもいろいろあるようなので、これがシーザーサラダと呼んでいいのかわかりません。でも私はシーザーサラダと呼ばせてもらっています(笑)時間に余裕があるときは、カリカリになるまで炒めたベーコンや半熟卵などもトッピングして楽しみます(^^)近くのスーパーのチラシを見ると、レタスが特売で安くなっていました。早速買い物に出かけ、私がカゴに入れたのは1玉98円の丸いレタス…ではなく、白菜のような形をしたロメインレタス。

最初は1玉98円のレタスを買うつもりだったんですよ。それも1玉だけじゃなく、3玉ほど。レタスばかり3玉も買ってどうするんだと言われそうですが、もちろんどうするもこうするも、食べる以外にどうしようもありませんよ。

買ったその日のうちは、サラダや和え物などにして生のまま。ちょっと鮮度が落ちてきたら、炒めものにするのが私流。レタスは火を通すと泣きたくなるくらいカサが減るので、レタス1玉使った炒めものもあっという間に食べ切ってしまえます。

ロメインレタスは、特に安くなっていたわけじありません。そこで思い出したのは、安売りされていた食パンで昨日クルトンを多めに作ったこと。自家製クルトンとロメインレタスを合わせて、シーザーサラダを作ることにしたんです。

せっかく特売されているんだから、普通のレタスとクルトンを合わせてサラダ風に食べればいいじゃないと言われるでしょうか。でも、ロメインレタスを食べたい気分だったんです。

今ではシーザーサラダドレッシングという便利なものも市販されていますが、私は手作り派。シーザーサラダに使うホワイトドレッシングは、簡単に作れるんですよ♪

ホワイトドレッシングの作り方は、マヨネーズ・生クリーム・レモン汁・オリーブオイル・ニンニクのすりおろし・塩少々を混ぜるだけ。生クリームは牛乳に、レモン汁はバルサミコ酢でも代用できます。それぞれの分量は、好みで調節してみてくださいね。

あとはロメインレタスをちぎってホワイトドレッシングをかけ、すりおろしたチーズとクルトンをトッピング。私は自家製クルトンをたっぷり使いましたが、もちろん市販されているクルトンでもOKです。最後に黒こしょうで味を整えれば、シーザーサラダの完成です(^^)

シーザーサラダの作り方にもいろいろあるようなので、これがシーザーサラダと呼んでいいのかわかりません。でも私はシーザーサラダと呼ばせてもらっています(笑)時間に余裕があるときは、カリカリになるまで炒めたベーコンや半熟卵などもトッピングして楽しみます(^^)近くのスーパーのチラシを見ると、レタスが特売で安くなっていました。早速買い物に出かけ、私がカゴに入れたのは1玉98円の丸いレタス…ではなく、白菜のような形をしたロメインレタス。

最初は1玉98円のレタスを買うつもりだったんですよ。それも1玉だけじゃなく、3玉ほど。レタスばかり3玉も買ってどうするんだと言われそうですが、もちろんどうするもこうするも、食べる以外にどうしようもありませんよ。

買ったその日のうちは、サラダや和え物などにして生のまま。ちょっと鮮度が落ちてきたら、炒めものにするのが私流。レタスは火を通すと泣きたくなるくらいカサが減るので、レタス1玉使った炒めものもあっという間に食べ切ってしまえます。

ロメインレタスは、特に安くなっていたわけじありません。そこで思い出したのは、安売りされていた食パンで昨日クルトンを多めに作ったこと。自家製クルトンとロメインレタスを合わせて、シーザーサラダを作ることにしたんです。

せっかく特売されているんだから、普通のレタスとクルトンを合わせてサラダ風に食べればいいじゃないと言われるでしょうか。でも、ロメインレタスを食べたい気分だったんです。

今ではシーザーサラダドレッシングという便利なものも市販されていますが、私は手作り派。シーザーサラダに使うホワイトドレッシングは、簡単に作れるんですよ♪

ホワイトドレッシングの作り方は、マヨネーズ・生クリーム・レモン汁・オリーブオイル・ニンニクのすりおろし・塩少々を混ぜるだけ。生クリームは牛乳に、レモン汁はバルサミコ酢でも代用できます。それぞれの分量は、好みで調節してみてくださいね。

あとはロメインレタスをちぎってホワイトドレッシングをかけ、すりおろしたチーズとクルトンをトッピング。私は自家製クルトンをたっぷり使いましたが、もちろん市販されているクルトンでもOKです。最後に黒こしょうで味を整えれば、シーザーサラダの完成です(^^)

シーザーサラダの作り方にもいろいろあるようなので、これがシーザーサラダと呼んでいいのかわかりません。でも私はシーザーサラダと呼ばせてもらっています(笑)時間に余裕があるときは、カリカリになるまで炒めたベーコンや半熟卵などもトッピングして楽しみます(^^)近くのスーパーのチラシを見ると、レタスが特売で安くなっていました。早速買い物に出かけ、私がカゴに入れたのは1玉98円の丸いレタス…ではなく、白菜のような形をしたロメインレタス。

最初は1玉98円のレタスを買うつもりだったんですよ。それも1玉だけじゃなく、3玉ほど。レタスばかり3玉も買ってどうするんだと言われそうですが、もちろんどうするもこうするも、食べる以外にどうしようもありませんよ。

買ったその日のうちは、サラダや和え物などにして生のまま。ちょっと鮮度が落ちてきたら、炒めものにするのが私流。レタスは火を通すと泣きたくなるくらいカサが減るので、レタス1玉使った炒めものもあっという間に食べ切ってしまえます。

ロメインレタスは、特に安くなっていたわけじありません。そこで思い出したのは、安売りされていた食パンで昨日クルトンを多めに作ったこと。自家製クルトンとロメインレタスを合わせて、シーザーサラダを作ることにしたんです。

せっかく特売されているんだから、普通のレタスとクルトンを合わせてサラダ風に食べればいいじゃないと言われるでしょうか。でも、ロメインレタスを食べたい気分だったんです。

今ではシーザーサラダドレッシングという便利なものも市販されていますが、私は手作り派。シーザーサラダに使うホワイトドレッシングは、簡単に作れるんですよ♪

ホワイトドレッシングの作り方は、マヨネーズ・生クリーム・レモン汁・オリーブオイル・ニンニクのすりおろし・塩少々を混ぜるだけ。生クリームは牛乳に、レモン汁はバルサミコ酢でも代用できます。それぞれの分量は、好みで調節してみてくださいね。

あとはロメインレタスをちぎってホワイトドレッシングをかけ、すりおろしたチーズとクルトンをトッピング。私は自家製クルトンをたっぷり使いましたが、もちろん市販されているクルトンでもOKです。最後に黒こしょうで味を整えれば、シーザーサラダの完成です(^^)

シーザーサラダの作り方にもいろいろあるようなので、これがシーザーサラダと呼んでいいのかわかりません。でも私はシーザーサラダと呼ばせてもらっています(笑)時間に余裕があるときは、カリカリになるまで炒めたベーコンや半熟卵などもトッピングして楽しみます(^^)

新鮮なうどはお浸しがいいらしい

うどは買って食べたことがありません。なぜならわざわざ買わなくても、時期になれば自然の中に顔を出してくれるから。栽培されたうどの味も知らないので、採れたてのうどが格別だとも自信を持って言えません。

採れたてのうどが特別おいしいと自信を持って言えない理由は他にもあります。それは、うど自体をおいしく味わったことがあまりないから。ほとんどの山菜は大好きで喜んで食べるのですが、うどだけはどうしても苦手です…。

うどが好きな人は、うど独特の苦味がいいのだと言います。うどが苦手な私は。その独特の苦味がダメ。うどが好きな人は、うど独特の香りがたまらないと言います。うどが苦手な私にとっても、あの独特の香りはたまりません。うどを好む人とは、正反対の意味で。

うどを食べることはできませんが、料理することならできます(^^)料理をする前に、まずは下処理をします。下処理と言っても、うどを水でサッと洗って汚れなどを落とし、皮の部分を取り除くだけ。どんな風に料理をするにも、下処理の方法はほとんど同じです。

うどの若芽は、天ぷらにすると美味しいと言います。天ぷらにする場合は、水気を切ったうどに薄力粉と水で作った衣を付け、高温の揚げ油でサッと揚げます。このとき、くれぐれも揚げすぎないように注意。

うどのきんぴらも人気の一品。ごま油を熱したフライパンに細切りにしたうどを入れ、砂糖・しょうゆ・酒・刻んだ赤唐辛子を加え、照りよく炒めれば完成。仕上げに煎りゴマを少し振ると、一段と風味が増します。

サッパリしたものが欲しいときには、うどの酢味噌和え。短冊切りにして水にさらし、アク抜きをしたうどを、味噌・砂糖・酢で作った酢味噌で和えるだけ。酢味噌の割合は、好みで加減してくださいね。

すりゴマ・砂糖・醤油を混ぜ合わせた和えごろもで和えたゴマ和えも、とても香ばしいです。刻んだクルミ・砂糖・味噌を小鍋に入れて弱火にかけながらよく練り、クルミ味噌を作ります。それでうどを和えれば、うどのクルミ味噌。クルミがとても香ばしくコクたっぷりで、おつまみにも最適です。新鮮なうどは、まず何よりさっと茹でただけのお浸しで味わいたいところ。

私はどんな衣で和えても炒めても、どんなに新鮮で美味しいと言われるうどでも、残念ながら味わえないのですが…。うどは買って食べたことがありません。なぜならわざわざ買わなくても、時期になれば自然の中に顔を出してくれるから。栽培されたうどの味も知らないので、採れたてのうどが格別だとも自信を持って言えません。

採れたてのうどが特別おいしいと自信を持って言えない理由は他にもあります。それは、うど自体をおいしく味わったことがあまりないから。ほとんどの山菜は大好きで喜んで食べるのですが、うどだけはどうしても苦手です…。

うどが好きな人は、うど独特の苦味がいいのだと言います。うどが苦手な私は。その独特の苦味がダメ。うどが好きな人は、うど独特の香りがたまらないと言います。うどが苦手な私にとっても、あの独特の香りはたまりません。うどを好む人とは、正反対の意味で。

うどを食べることはできませんが、料理することならできます(^^)料理をする前に、まずは下処理をします。下処理と言っても、うどを水でサッと洗って汚れなどを落とし、皮の部分を取り除くだけ。どんな風に料理をするにも、下処理の方法はほとんど同じです。

うどの若芽は、天ぷらにすると美味しいと言います。天ぷらにする場合は、水気を切ったうどに薄力粉と水で作った衣を付け、高温の揚げ油でサッと揚げます。このとき、くれぐれも揚げすぎないように注意。

うどのきんぴらも人気の一品。ごま油を熱したフライパンに細切りにしたうどを入れ、砂糖・しょうゆ・酒・刻んだ赤唐辛子を加え、照りよく炒めれば完成。仕上げに煎りゴマを少し振ると、一段と風味が増します。

サッパリしたものが欲しいときには、うどの酢味噌和え。短冊切りにして水にさらし、アク抜きをしたうどを、味噌・砂糖・酢で作った酢味噌で和えるだけ。酢味噌の割合は、好みで加減してくださいね。

すりゴマ・砂糖・醤油を混ぜ合わせた和えごろもで和えたゴマ和えも、とても香ばしいです。刻んだクルミ・砂糖・味噌を小鍋に入れて弱火にかけながらよく練り、クルミ味噌を作ります。それでうどを和えれば、うどのクルミ味噌。クルミがとても香ばしくコクたっぷりで、おつまみにも最適です。新鮮なうどは、まず何よりさっと茹でただけのお浸しで味わいたいところ。

私はどんな衣で和えても炒めても、どんなに新鮮で美味しいと言われるうどでも、残念ながら味わえないのですが…。