あげたら?揚げたら?

あげたら?揚げたら?

ずいぶん面白い名前のお菓子があるものですね。「揚げたらただの揚げまんじゅう」ですって。そりゃ、おまんじゅうを揚げたら揚げまんじゅうでしょう「ただの」と言っては、ちょっとかわいそうな気がします。

ところがよく見れば、私の見間違いでした。「あげたら山の揚げまんじゅう」でした。これは一体どういう意味?何かわからずにあげたら、つまりプレゼントしてみたら山の揚げまんじゅうだったのでしょうか?それとも「あげたらどう?山の揚げまんじゅうを」ということでしょうか?どちらにしても、やっぱりよくわからないお菓子名です。

さらによく見てみたら、それも間違いだということが発覚。そうですよね、いくら何でもこんな意味不明な名前がお菓子につけられるわけないですよね。それも、第25回全国菓子大博覧会では、名誉総裁賞を受賞しているんですよ。そんな実績のあるお菓子が、ワケのわからない名前のわけないですよね。

本当は何だったのかというと『あだたら山の揚げまんじゅう』が正式名でした。

これは花月堂花屋が作るもので、名前の通り油で揚げられたおまんじゅう。揚げた黒糖まんじゅうは、周りがカリッとした次の瞬間、口の中は黒糖の豊かな風味でいっぱいに。黒糖まんじゅうを揚げたなんて、油っこくなりそうに思いますよね。それがそうならないのが、あだたら山の揚げまんじゅうの不思議なところ。

中のこしあんが甘さ控えめに仕上げられているおかげか、2個も3個も食べられてしまいそうなほど。いくら油っこくないといっても、食べすぎは禁物ですが。

あだたら山の揚げまんじゅうの香りは、まるで黒糖かりんとう。食べてみても思い出すのは、黒糖かりんとう。黒糖かりんとうがお好きな方は、あだたら山の揚げまんじゅうも気に入ると思いますよ。

黒糖まんじゅうなら何でも油で揚げれば、カリッとなるかと思ったら、そう簡単なものではありません。この食感にたどり着くまでには、何度も試作したようですよ。あだたら山の揚げまんじゅうは小ぶりで、1個は80円というカワイイお値段。いくつも買いたくなるところですが、午前中に売り切れることがあるほど大人気なんだとか…。

ちなみに、この名前は「安達太良山」が由来になっているみたいですね。ずいぶん面白い名前のお菓子があるものですね。「揚げたらただの揚げまんじゅう」ですって。そりゃ、おまんじゅうを揚げたら揚げまんじゅうでしょう「ただの」と言っては、ちょっとかわいそうな気がします。

ところがよく見れば、私の見間違いでした。「あげたら山の揚げまんじゅう」でした。これは一体どういう意味?何かわからずにあげたら、つまりプレゼントしてみたら山の揚げまんじゅうだったのでしょうか?それとも「あげたらどう?山の揚げまんじゅうを」ということでしょうか?どちらにしても、やっぱりよくわからないお菓子名です。

さらによく見てみたら、それも間違いだということが発覚。そうですよね、いくら何でもこんな意味不明な名前がお菓子につけられるわけないですよね。それも、第25回全国菓子大博覧会では、名誉総裁賞を受賞しているんですよ。そんな実績のあるお菓子が、ワケのわからない名前のわけないですよね。

本当は何だったのかというと『あだたら山の揚げまんじゅう』が正式名でした。

これは花月堂花屋が作るもので、名前の通り油で揚げられたおまんじゅう。揚げた黒糖まんじゅうは、周りがカリッとした次の瞬間、口の中は黒糖の豊かな風味でいっぱいに。黒糖まんじゅうを揚げたなんて、油っこくなりそうに思いますよね。それがそうならないのが、あだたら山の揚げまんじゅうの不思議なところ。

中のこしあんが甘さ控えめに仕上げられているおかげか、2個も3個も食べられてしまいそうなほど。いくら油っこくないといっても、食べすぎは禁物ですが。

あだたら山の揚げまんじゅうの香りは、まるで黒糖かりんとう。食べてみても思い出すのは、黒糖かりんとう。黒糖かりんとうがお好きな方は、あだたら山の揚げまんじゅうも気に入ると思いますよ。

黒糖まんじゅうなら何でも油で揚げれば、カリッとなるかと思ったら、そう簡単なものではありません。この食感にたどり着くまでには、何度も試作したようですよ。あだたら山の揚げまんじゅうは小ぶりで、1個は80円というカワイイお値段。いくつも買いたくなるところですが、午前中に売り切れることがあるほど大人気なんだとか…。

ちなみに、この名前は「安達太良山」が由来になっているみたいですね。ずいぶん面白い名前のお菓子があるものですね。「揚げたらただの揚げまんじゅう」ですって。そりゃ、おまんじゅうを揚げたら揚げまんじゅうでしょう「ただの」と言っては、ちょっとかわいそうな気がします。

ところがよく見れば、私の見間違いでした。「あげたら山の揚げまんじゅう」でした。これは一体どういう意味?何かわからずにあげたら、つまりプレゼントしてみたら山の揚げまんじゅうだったのでしょうか?それとも「あげたらどう?山の揚げまんじゅうを」ということでしょうか?どちらにしても、やっぱりよくわからないお菓子名です。

さらによく見てみたら、それも間違いだということが発覚。そうですよね、いくら何でもこんな意味不明な名前がお菓子につけられるわけないですよね。それも、第25回全国菓子大博覧会では、名誉総裁賞を受賞しているんですよ。そんな実績のあるお菓子が、ワケのわからない名前のわけないですよね。

本当は何だったのかというと『あだたら山の揚げまんじゅう』が正式名でした。

これは花月堂花屋が作るもので、名前の通り油で揚げられたおまんじゅう。揚げた黒糖まんじゅうは、周りがカリッとした次の瞬間、口の中は黒糖の豊かな風味でいっぱいに。黒糖まんじゅうを揚げたなんて、油っこくなりそうに思いますよね。それがそうならないのが、あだたら山の揚げまんじゅうの不思議なところ。

中のこしあんが甘さ控えめに仕上げられているおかげか、2個も3個も食べられてしまいそうなほど。いくら油っこくないといっても、食べすぎは禁物ですが。

あだたら山の揚げまんじゅうの香りは、まるで黒糖かりんとう。食べてみても思い出すのは、黒糖かりんとう。黒糖かりんとうがお好きな方は、あだたら山の揚げまんじゅうも気に入ると思いますよ。

黒糖まんじゅうなら何でも油で揚げれば、カリッとなるかと思ったら、そう簡単なものではありません。この食感にたどり着くまでには、何度も試作したようですよ。あだたら山の揚げまんじゅうは小ぶりで、1個は80円というカワイイお値段。いくつも買いたくなるところですが、午前中に売り切れることがあるほど大人気なんだとか…。

ちなみに、この名前は「安達太良山」が由来になっているみたいですね。ずいぶん面白い名前のお菓子があるものですね。「揚げたらただの揚げまんじゅう」ですって。そりゃ、おまんじゅうを揚げたら揚げまんじゅうでしょう「ただの」と言っては、ちょっとかわいそうな気がします。

ところがよく見れば、私の見間違いでした。「あげたら山の揚げまんじゅう」でした。これは一体どういう意味?何かわからずにあげたら、つまりプレゼントしてみたら山の揚げまんじゅうだったのでしょうか?それとも「あげたらどう?山の揚げまんじゅうを」ということでしょうか?どちらにしても、やっぱりよくわからないお菓子名です。

さらによく見てみたら、それも間違いだということが発覚。そうですよね、いくら何でもこんな意味不明な名前がお菓子につけられるわけないですよね。それも、第25回全国菓子大博覧会では、名誉総裁賞を受賞しているんですよ。そんな実績のあるお菓子が、ワケのわからない名前のわけないですよね。

本当は何だったのかというと『あだたら山の揚げまんじゅう』が正式名でした。

これは花月堂花屋が作るもので、名前の通り油で揚げられたおまんじゅう。揚げた黒糖まんじゅうは、周りがカリッとした次の瞬間、口の中は黒糖の豊かな風味でいっぱいに。黒糖まんじゅうを揚げたなんて、油っこくなりそうに思いますよね。それがそうならないのが、あだたら山の揚げまんじゅうの不思議なところ。

中のこしあんが甘さ控えめに仕上げられているおかげか、2個も3個も食べられてしまいそうなほど。いくら油っこくないといっても、食べすぎは禁物ですが。

あだたら山の揚げまんじゅうの香りは、まるで黒糖かりんとう。食べてみても思い出すのは、黒糖かりんとう。黒糖かりんとうがお好きな方は、あだたら山の揚げまんじゅうも気に入ると思いますよ。

黒糖まんじゅうなら何でも油で揚げれば、カリッとなるかと思ったら、そう簡単なものではありません。この食感にたどり着くまでには、何度も試作したようですよ。あだたら山の揚げまんじゅうは小ぶりで、1個は80円というカワイイお値段。いくつも買いたくなるところですが、午前中に売り切れることがあるほど大人気なんだとか…。

ちなみに、この名前は「安達太良山」が由来になっているみたいですね。ずいぶん面白い名前のお菓子があるものですね。「揚げたらただの揚げまんじゅう」ですって。そりゃ、おまんじゅうを揚げたら揚げまんじゅうでしょう「ただの」と言っては、ちょっとかわいそうな気がします。

ところがよく見れば、私の見間違いでした。「あげたら山の揚げまんじゅう」でした。これは一体どういう意味?何かわからずにあげたら、つまりプレゼントしてみたら山の揚げまんじゅうだったのでしょうか?それとも「あげたらどう?山の揚げまんじゅうを」ということでしょうか?どちらにしても、やっぱりよくわからないお菓子名です。

さらによく見てみたら、それも間違いだということが発覚。そうですよね、いくら何でもこんな意味不明な名前がお菓子につけられるわけないですよね。それも、第25回全国菓子大博覧会では、名誉総裁賞を受賞しているんですよ。そんな実績のあるお菓子が、ワケのわからない名前のわけないですよね。

本当は何だったのかというと『あだたら山の揚げまんじゅう』が正式名でした。

これは花月堂花屋が作るもので、名前の通り油で揚げられたおまんじゅう。揚げた黒糖まんじゅうは、周りがカリッとした次の瞬間、口の中は黒糖の豊かな風味でいっぱいに。黒糖まんじゅうを揚げたなんて、油っこくなりそうに思いますよね。それがそうならないのが、あだたら山の揚げまんじゅうの不思議なところ。

中のこしあんが甘さ控えめに仕上げられているおかげか、2個も3個も食べられてしまいそうなほど。いくら油っこくないといっても、食べすぎは禁物ですが。

あだたら山の揚げまんじゅうの香りは、まるで黒糖かりんとう。食べてみても思い出すのは、黒糖かりんとう。黒糖かりんとうがお好きな方は、あだたら山の揚げまんじゅうも気に入ると思いますよ。

黒糖まんじゅうなら何でも油で揚げれば、カリッとなるかと思ったら、そう簡単なものではありません。この食感にたどり着くまでには、何度も試作したようですよ。あだたら山の揚げまんじゅうは小ぶりで、1個は80円というカワイイお値段。いくつも買いたくなるところですが、午前中に売り切れることがあるほど大人気なんだとか…。

ちなみに、この名前は「安達太良山」が由来になっているみたいですね。

カブの甘酢漬けを研究中

カブは煮ても焼いても炒めても美味しいですね♪新鮮なカブは、漬け物や和え物にして食べるのが好きです(^^)私がよく作るのは、カブの甘酢漬け。カブを甘酢に漬けるだけなので、とても簡単…と言いたいところですが、これがなかなか難しい。材料も手順も少なくて済んでシンプルな分、ちょっとした味の違いが大きく出るんですよね。

知り合いのおばさんが作ったカブの甘酢漬けを食べてみたら、酢と砂糖の割合がちょうどよく、まさに理想的なバランスでした。私はどうも砂糖を大胆に使うことができず、いつも甘さ控えめになりがち。甘すぎなくて美味しいと言ってくれる人もいますが、やっぱりちょっと物足りなく感じてしまうことが多いです。

砂糖の量が原因だとわかっているなら、それを調節すればいい話し。でも砂糖を入れすぎて甘ったるくなってしまったら、甘さが足りないときよりもガッカリしてしまうんです。だから、どうしても少なめにしてしまう(>_<)私も自信を持って人に食べてもらえるカブの甘酢漬けを作れるようになりたいです。

私がカブの甘酢漬けを作るときは、まずカブの皮をむいて横に薄く切ります。薄く切ったカブに塩をまぶして、1時間ほど置きます。1時間ほど経つと水が出てくるので、水気をよく切ります。それを砂糖・酢・塩で作った甘酢に入れ、味が浸みるまで漬けておきます。

甘酢の分量はカブの量にもよりますが、中くらいのカブ4個だと、砂糖が大さじ4・酢が大さじ5~6・塩が少々。これでちょうど良いという人もいれば、ちょっと甘味が足りないという人も。甘さ控えめの甘酢漬けがお好きな人には、この分量でも十分かもしれません(^^)

最近気がついたのは、物足りなく感じるのは砂糖の量以外に原因があるのでは?ということ。もしかしたら私が作るカブの甘酢漬けに足りないのは、甘味じゃなくて旨味なのかもしれません。今度は昆布の細切りも一緒に漬け込んでみようかな?刻んだ赤唐辛子を加えるとアクセントになり、味が引き締まって美味しいと聞いたので、今度チャレンジしてみようと思っています(^^)

カブの甘酢漬けを作る量が多くなければ、材料を全部ビニール袋に入れて手でもみ、そのまま置いておけばラクチンです♪